忍者ブログ

24Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PAGE TOP△

02Jun

水虫ラミシール 最安値情報

Posted by ラミシール in 水虫ラミシール 価格比較


使った方は誰もが効いた!と
話題の水虫ラミシールの
最安値通販をお探しですか?


色んなショップで販売されている中、
今までの最安値ショップを越えて
更にお安く購入できる通販をご紹介します。


水虫ラミシール 
通常価格 10gで2205円ですが、
ビューティー&ヘルスリサーチ社(BHR)では、
36gが何と4950円と
かなりお得価格にて提供しています。


水虫完治には使い続けなければ意味がない。
だからこそ、36gのサイズをお安く!


送料は1万円以上お買い上げで
無料になります。
完治するためにも、おまとめ買いをしましょう。

 

水虫ラミシール 詳細はコチラです。
PR

PAGE TOP△

31Jul

女性の水虫が急増中!

Posted by ラミシール in 水虫ラミシール 価格比較


 

水虫は男性だけがなるものだと思っていませんか?
若い女性でも子供でも水虫はできるのです。
実際、最近では水虫に悩む女性が急増しているのです。


その原因は、ブーツにあります。
ストッキングにブーツは最悪な状況です。
ストッキングは吸収性が悪く、その上通気性の悪いブーツとくれば
白癬菌は見逃すわけがありません。


かかとが白くなり乾燥しカサカサになったりしていませんか?
乾燥しているだけだと思いきや、これは紛れもなく
角質増殖型水虫なのです。
もちろんどれだけ保湿クリームを塗ったって
治るわけがありません。
かかとがカサカサでひび割れている!なんて方は
角質増殖型水虫を疑った方がいいでしょう。


この世に水虫が感染する経路は山ほどあります。
どうしても避ける事ができない場面もありますよね
白癬菌は皮膚に付着してすぐに水虫にならないので、
帰宅したらすぐに足を洗い清潔にしてあげましょう。
症状がおさまった場合でも治療は続けましょう。

 

水虫ラミシール 詳細はコチラです。

PAGE TOP△

28Jul

水虫はなぜ足にできるのか??

Posted by ラミシール in 水虫ラミシール 価格比較

水虫の定番は足の裏ですね
しかし水虫が、足の裏にできるのは何故なのでしょう??


それは、白癬菌であるカビの好物は角質の中のタンパク質です。
皮膚に付いたカビが角質の中のたんぱく質をめがけて皮膚内に
もぐりこみます。
角質層は、皮膚のあらゆるところに存在しますので、
実際には水虫がどこにできようが不思議ではないことなのです。


しかし、足の裏以外の角質層は1ミリも満たないのに比べ、
足の裏の角質層は数ミリもある分厚い角質層になるのです。
分厚い方が栄養分であるたんぱく質がたくさんあるということで、
カビは足の裏に住みつくのです。


このような理由と、もう一つの理由!
足の裏は靴で蒸れてジメジメとした、カビが最も好む環境なのです。
しかも裸足で歩いたりと、白癬菌は足裏に付着しやすいため、
足裏に水虫が発生しやすいともいえます。

水虫ラミシール 詳細はコチラです。

PAGE TOP△

28Jul

水虫と爪白癬の違いは?

Posted by ラミシール in 水虫ラミシール 価格比較



水虫と爪白癬との違いは、
水虫が足の裏や指の間にできてしまった場合、
治療を手抜きし途中でやめてしまったりすると、
事態は悪化し爪にまで白癬菌が広がってしまうのです。


今足の爪をチェックしてみてください。
爪が分厚いだとか、白く濁っているとか
そういった症状がある方は要注意です!
爪白癬が感染していると思っていいでしょう。


爪白癬は痒みもなければ痛みもありません。
よって目で見て判断するしかないのです。
しかし、爪白癬は1度かかると厄介で、
なかなか治りません。
最近ではカラダの中から白癬菌をやっつけよう!
と飲み薬も出ています。
飲んだ薬は血液の中に入り爪まで流れていきます。
そして白癬菌を退治します。
完治には約6ヶ月から10ヶ月ほどかかりますが、
飲み薬での治療も根気よく続けることが最大のポイントなのです。

PAGE TOP△

14Apr

水虫とはいったい?

Posted by ラミシール in 水虫ラミシール 価格比較

 

足の裏の皮がめくれてる!水虫かな~?
とはいえ、そもそも水虫って何なのか
意外と知らない方が多いのです。
そこで、水虫について学習してみましょう。


水虫とは、足の裏、足の指の間、手のひらなどに
カビが発生するものです。
皮膚に発生するカビには様々なものがあるのですが、
皮膚の角質層に寄生するカビを糸状菌と言います。
その中でもよく知られているのは白癬菌なのですが、
水虫は白癬菌の一種と考えてください。


そんな水虫は実は100年以上も前に発見されたのです。
日本で増え始めたのは戦後からだと言われています。
当時、1日中靴を履く人は限られており、
戦争に関係する人以外は、下駄や草履を履く習慣がありました。
その後、靴を履く習慣が広がり、この頃から水虫は
多く存在するようになったのです。

Comment (0) | Trackback (0) | PAGE TOP△